浦安音楽ホールにて

チェロの北嶋愛季さんのお誘いによって始まったこの企画、無事に終わりました。お越しくださった皆様、スタッフの皆様、そして北嶋さん、本当にありがとうございました。

通奏低音はまだすらすら弾けるわけではありませんが前に比べると速くなったと…思いたいです。

「浦安音楽ホールにて」への2件のフィードバック

  1. 昨日は初めてのチェロ、ヴィオラの生演奏を岡本さんのギターの伴奏で聴くことができて贅沢な時間を過ごせました。

    ヘンデルも好きなんですが、今回初めて聴かせて頂いたブラジル風バッハは、出だしのギターの調べと艶かしいチェロの響きが絶妙でした。ギターでもブラジル風バッハは弾けるのでしょうか?

    また近いうちにお会い出来れば幸いです。

    1. 先日は誠にありがとうございました。アンサンブルはソロと違ってまた良いものですよね。ブラジル風バッハ5番はもともとチェロアンサンブルと歌のための曲ですが、ギター用にディアンス氏によってアレンジされているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です