Mahler – Adagietto

グスタフ マーラーの交響曲第5番の第4楽章、アダージェット。Sehr langsam と冒頭に表記されているように10分もの時間をとても雄大なスローテンポで弾かれる曲です。クリムトの絵画のごとく黄金の黄昏の中でまどろんでいるかのような曲の響きと時間の流れ。サラッと調べたところギターで伴奏するのはおそらく前例がないのではと思います。

12月19日、千葉市美浜文化ホールにてヴァイオリンの加藤玲名さんのソロクリスマスリサイタルで一部アダージェットやアヴェマリアなどの曲で出演させていただきます。加藤さんはさまざまな被災地に売り上げを寄付する活動を積極的に行なっており、今回も売り上げの一部は日本の被災地のために寄付されるようです。

金曜日の夕べ、ヴァイオリンとギターの奏をお楽しみください!

歌とギターのコンサート 終了

ソプラノの川辺茜さんとのクリスマスコンサートが無事に終了いたしました。お越し下さった皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました!

歌とのコンサートは久しぶりでしたがとても楽しむことができました。これからさらに経験を積み歌手の呼吸に対して柔軟に対応したりさまざまなレパートリを広げていきたいと思っております。

さて、ありがたいことに12月は音楽家の繁忙期。

次の作業に取り掛かっていますが、夜は更けゆく…。

19世紀ギターの修理4

奥清秀さんからメールが届きました。指板の製作中です。今回、ただまっすぐな指板を貼り付けるのとは違って、変更の効かないネックの取り付け角度を補う指板の取り付け作業なので弦高の調整をしながら指板の厚さを整えるのは大変だっただろうと思います…。ありがたいです。

たのしみです!

2020.3.3 タレガ ギターカルテット 東京文化会館

日本に帰り一年が経ちました。思えば去年の12月10日、東京文化会館でのタレガギターカルテットから始まり、たくさんの出会いとあたたかい応援の中で一年を過ごすことができました。今年お世話になった皆さまに心より感謝申し上げます。音楽が私をいろんなところへ導くとともに、私の演奏によって聴いてくださる方をより深い音楽の世界にいざなってゆけるよう、今後も音楽に真摯に向き合っていきたいと思います。
さて!2020年もあります。おひな祭りの3月3日。東京音協さまに主催していただき再び東京文化会館にてタレガギターカルテットです。去年掴んだこのホールでのカルテットの感覚と経験を活かして新たなるサウンドで挑みます。

宇都宮そして那須

宇都宮でのディナーコンサート、そして那須でのランチコンサートが終わりました。

ヴァイオリンの渡邉響子さんのお声がけで参加させていただいた今回の連日演奏、たくさんの方にお越しいただきとても嬉しく思いました!

フレンチアオヤギ、KATSUTAYAのの素晴らしいコース料理とともにお楽しみいただけていたら幸いです。

本日は6日の歌とのコンサートの練習で川辺茜さんとの合わせ。いい具合になってまいりました。こちらもとても楽しいことになりそうです。

アランフェス協奏曲 動画

20日の千葉市美浜文化ホールでのピアノとのアランフェス協奏曲、アップロードしました。記録用に撮っていましたが楽しく弾けたので思い切って公開してしまいます。

南部由貴さんの素晴らしいピアノコントロールにより、急遽当日にスピーカーを使わないことにしました。なのでギターは生音です。

全楽章ノーカットです。お楽しみいただけましたら幸いです。

 

美浜文化ホールにて

気づいたらあっという間に3日経ってしまいました。20日の千葉市美浜文化ホールでのコンサートが無事に終わりました。

マンスリークラシックという企画の中の一つとしてお誘いいただいたのですが、ソロありデュオありカルテットもクインテットあり。とても盛り沢山な内容でした。
おこしくださったみなさま、カルテットのみなさま、ピアニスト、そして主催美浜文化ホールに改めて感謝です!ありがとうございました。

アランフェス協奏曲はもしかしたら動画をアップロードするかもしれませんのでどうぞご期待ください。

やるべきことが多いのはとてもありがたいこと。しかしながら一つ一つの仕事をこれまで通り、それ以上の質で仕上げていけるよう努めてまいります。誰よりも長い時間ギターに接していたい、そう思う今日この頃です。

南部由貴さん、岡本、大塚百合菜さん、吉野駿さん、古屋聡見さん、小林幸太郎さん。

12月6日 品川でのコンサート

昨日はアランフェス協奏曲、本日午前中に宇都宮でのアンサンブルコンサート、そしてたった今ソプラノの川辺茜さんとのそれぞれ初練習がありました。全ての曲が異なる編成のものなので今扱う曲数は凄いことになっています…。明日は12月19日の加藤玲名さんとの初練習です。たのしみ!

とても嬉しいことにおかげさまで11月20日の美浜文化ホール、29日の宇都宮、30日の那須のチケットは完売とのことで、みなさまには心より感謝申し上げます。

先程終わった練習では川辺茜さんの美しい歌声についつい聴き入ってしまいました。人の声はそれぞれみんな違いますが川辺さんの声は芯の周りにオーラを纏った本当にみずみずしい光の束のような声です。本日曲を決定しましたがバッハの「あなたがそばにいたら」、シューベルトの「音楽によせて」、三大アヴェマリア、そしてファリャの「7つのスペイン民謡より」などなど、さらに私のギターソロも20分くらいはあるかと思われます。

ソプラノとのコンサートはなかなかなかったので私としてもとても楽しみです。もしお時間ございましたらぜひ金曜日の夕べ、音楽をいかがでしょうか。

2019  12/6  (金)  19:00開演(18:30開場)

えびらホール(東急池上線・大井町線「旗の台」駅東口より徒歩6分)
※プライベートホールのため、チケットご購入者様のみに詳細な場所をお知らせいたします。

全席自由 2,500円

ご予約・お問合せ
メール:takuyainformations@gmail.com

岡本拓也ホームページ、お問合せページからもお気軽にどうぞ。

中高の恩師

先日の新潟でのゲスト演奏後、楽屋を訪れてくださった中学高校時代の先生。本当に驚きました。いやはや、私を人として形作ってくれた先生方にはいつになっても頭が上がりません。高校卒業して以来の再会に感謝です。

当日は はるばる遠方からいらしてくださった方もいまして、驚くことばかりでした。お越しくださったみなさま、誠にありがとうございました!