レコード芸術5月号

うれしいことにCDがレコード芸術特選盤に選定されました。励みになります。精進します。

濱田滋郎さん、濱田三彦さんの推薦文、そして石田善之さんの録音評をいただいていますのでもしよろしければご覧くださいませ!

現代ギター5月号

まことにありがたいことに現代ギター5月号にコンサートレポートを載せていただきました。とてもうれしく思います。
記事の中で使用楽器はアントニオマリンとなっていますがこの日弾いたのはドイツのHideo Satoさんの楽器でした。製作家の名誉のためにも、この場をお借りして訂正させていただきます。

クロサワ楽器日本総本店

新大久保のクロサワ楽器日本総本店にて銘器弾き比べコンサートが終わりました。日曜日のお昼にもかかわらずお越しくださった満員のお客様に感謝申し上げます。

楽器は自分で選べたのですが、ふとショーケースに並ぶ楽器を見て世界の銘器イグナシオフレタが五本も並んでいるのを見てこんなことはなかなかないと思いフレタ弾き比べ会とさせていただきました。どの楽器も素晴らしかったです。

しかしながら現在は日本の製作家の世界もとても熱いので11月の弦楽器フェアでの邦人製作家のギターのコンサートもとても楽しみです。誠心誠意、最大の敬意とともに製作家の魂を弾かせていただきます。

ノートルダム

街のシンボル、人々の心のささえ、安らぎ、思い出、祈り。パリのノートルダムの家事はフランスの人々にとってとても悲しいことだったと思います。ウィーンでいうシュテファン大聖堂でしょうか。昔からウィーンの人々は「シュテッフィ」というまるで可愛らしい女の子の愛称で大聖堂を呼んでいました。パリの人々にとってもノートルダムがそうであったはずです。まずはみんなの力で修復が進むことを祈ります。

さて、日曜日の新大久保クロサワ楽器でのインストアライブは毎回奏者がお店の好きな楽器を数本選んで演奏します。本日えらびに行ってきました。うーむどれも素晴らしい…。おっとあぶない。危うく持って帰るところでした。五本の楽器を選びました。さて、どの五本になるかはお楽しみに!

東京春音楽祭 旧奏楽堂にて

おかげさまで13日のタレガギターカルテットのコンサートが無事に終わりました。
たくさんの方にお越しいただき、完売御礼、当日券は出なかった模様です。
われわれのトークも含めて、みなさまのあたたかさに助けられながら楽しいコンサートにすることができたのではないかと思っております。

主催の東京春祭さま、当日のスタッフ、お越しくださったみなさま、そしてカルテットメンバーに感謝です。ありがとうございました。

写真は高知出身の写真家、濱津和貴さんが撮ってくれました。げんさんと昔からの知り合いで、カルテットのこともデビューからずっと応援してくださる写真家です。被写体の表情が自然と和らぐ、そして使う色が非常に美しい方です。

濱津和貴ホームページ  http://wakihamatsu.com

ちなみに翌日14日には豊洲で鈴木大介さんを特別ゲストとして、熊谷俊之さんとカルテットメンバー徳永真一郎さんのコンサートがありました。当然のことながらソロからデュオ、そしてトリオまですべて素晴らしく、また各々の個性の違いがとても面白く表出したコンサートでした。2日連続でまったく違うプログラムをこなした真一郎さん、尊敬します。

【動画】BWV998 プレリュード・フーガ・アレグロ

3月2日、浦安音楽ホールでのリサイタルより、バッハのBWV998をアップロードしました。
もしよろしければごらんください。
それにしても素晴らしいホール。300人の収容人数も、構造も、ギターにぴったりです。
ギターはドイツに住むHideo Satoさんの作。お父さんはあのKazuo Satoさんです。
留学を終える前に工房を訪ねた際には家族みんなであたたかく迎えてくれました。
また遊びに行きたいなぁ。

令和

新たなる元号は「令和」。
とてもうつくしい響きの言葉ですね。

良き時代となりますように。
というより、よい時代になるかどうかはわたしたち一人ひとりにかかっているのだと思います。なにもかたくるしいことではなくて。普段の生活のなにげない善い行いで周囲もすこし幸せになれるのならそりゃとてもよいこと。負のオーラは周囲に伝染しますが、陽のオーラはもっと他人にプラスの影響を与えます。世の中そんな絵に描いたようにすべてうまくいかないのはわかっちゃいるけど。それでも人として「佳く生きる」ことをいつも心の隅において生きていきたいものです。

あ、それから11月1~3日の三日間で行われる日本弦楽器製作者協会が主催する「弦楽器フェア2019」。2日目にあたる、2019年11月2日(土)東京都千代田区北の丸公園内にある科学技術館にて、邦人製作家のみなさまのギターをコンサート形式で弾かせていただけることとなりました。今からとても楽しみです。どうぞお越しくださいませ。
詳細は後日公開いたします。

松戸に寄られた際には

5年ほど前に飛行機の中で知り合ったご夫妻、お二人とも造形芸術家。奥様、廣田美耶子さんの個展が明日まで松戸で行われています。入場無料です。体調を崩されご本人はこの個展に立ち会うことができません。たくさんの人に知っていただきたい方、そして作品たちです。

エッチングという銅版画の緻密な作業が素晴らしい作品と空間を作り出しています。ギャラリーは3階、1階2階は息子さんの中華料理店。天廣堂。これもまた素晴らしくほっぺが落ちちゃうレストランです。

美耶子さんの個展は明日までですがその後もいろいろな方の個展が行われるそうです。ランチとギャラリー観覧セットでいかがでしょうか。

 

まちづくり活動プラザ

27日、街づくり活動プラザでのカフェコンサートが無事に終わりました。
時間を贅沢に使い前半、後半を短く取りあいだには主催してくださったかたお手製の美味しいケーキとコーヒーを、という企画でした。私も終演後にいただきましたがお世辞抜きにお店が出せてしまうのでは!というおいしさでした。

当初30名限定の予定でしたが、ありがたいことに多くのお問い合わせがあり当日上限を40名として演奏させていただきました。
浦安市の入船地区学校統合に伴い平成26年度に閉校した「旧入船北小学校」が、「まちづくり活動プラザ」としてリニューアルオープン、学び舎であった面影はそのままに、施設自体がとても綺麗にリフォームされた空間。教室であったスペースを会場としましたが、なんといってもお客さんとの距離の近さに私自身もワクワクドキドキしながらたのしく演奏しました。お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

心も体も成長する大切な6年間を過ごす小学校、私は当時浦安市日の出小学校に通っていましたが、思い出の地がもし姿を消したら…それはとても寂しく、悲しいことですね。しかしながら校舎も校庭も姿はそのままに内部のみが新しくなった工事、とても素晴らしいものだとおもいました。

校庭の桜たちも卒業生たちの再訪をずっと待ち続けているようでした。
今後この施設がたくさんの笑顔であふれますように。