ひとまず

しばらく間が空いてしまいました。

ウィーンはすっかり秋めいて…とおもったら今週はなんだかずっと暖かいです。

本日、第一次卒業試験コンサートを終えました。
プログラムは…
A. ピアソラ タンゴの歴史
J.S. バッハ  組曲ホ長調 BWV 1006
M. ジュリアーニ ロッシニアーナ5番

今回は50分のプログラム制限があったのでこの三曲を選びましたが、11月15日の最終卒業コンサートではフルコンサート分のプログラムが必要とされるのでいまからしっかり準備しています。
かなり気合いを入れて臨んでいるので出来も珍しくよかったです。気を抜けませんね!

涼しくなってきたことと思います、皆様どうぞ体調お気をつけて!

明日は諸用でフラリとグラーツまで行ってきま〜す。

パルケットボーデン

録音も全て無事に終わり、あとは音響、細かな録音の調整をして音源は完成です。

写真はヨーロッパの歴史的な建物の床に多く使われている「パルケットボーデン」という木目のパターン。とても綺麗なのはいいのですが、録音中の軋みはすごかったです。極力マイクに拾われないように努力しましたが…どうなるかはお楽しみに。

ひたすら準備

レコーディングに向けて自分で録音しては聴いての繰り返しです。

どの曲も好きな曲なのですごく楽しみですがやっぱり卒業試験のプログラムと同時進行は至難の技です。ほとんど全てが違う曲なので計180分の量の曲を同時進行しています。CDのカバーやブックレットも自分でやる予定です。大仕事!でも楽しい。

ウィーンフォーラムギターフェスティバル

今年もこの季節がやってきました。今年は特にたくさんの名手が集うってのでちょっと楽しみです。
CDの録音、卒業試験のプログラム、コンクールのプログラムが三者まったく異なるので今回はやるべきことに集中しようと思いコンクールは受けません。
今までヨーロッパのコンクールで一緒に競ってきた仲間や知り合いがたくさん出るとのことなので練習の合間に覗いて応援したいと思います!

http://www.forum-gitarre.at/index.php/en/

待望の…?

以前よりたくさんの方から「CDは出さないんですか?」って質問していただいておりました。
いよいよ私の初CD、9月に録音予定です。テーマやプログラムは秘密。これまでお世話になった方々への感謝の気持ちも込め、生活の中に溶け込み、ふわっとみなさんの心を癒す、そんなCDにできたらと思います。
発売は来年の3月2日(土)浦安音楽ホールでの帰国記念コンサートに間に合えばと思います。
どうぞお楽しみに!

マチネの終わりに

つ、ついにクラシックギターをテーマにした平野啓一郎さんの小説「マチネの終わりに」が映画化されました!

しかも主演はあの福山雅治!それから石田ゆり子!

この際みんなでクラシックギターをひきましょう〜。

下のリンクから映画の詳細情報が見られます。

https://eiga.com/news/20180717/3/