待望の…?

以前よりたくさんの方から「CDは出さないんですか?」って質問していただいておりました。
いよいよ私の初CD、9月に録音予定です。テーマやプログラムは秘密。これまでお世話になった方々への感謝の気持ちも込め、生活の中に溶け込み、ふわっとみなさんの心を癒す、そんなCDにできたらと思います。
発売は来年の3月2日(土)浦安音楽ホールでの帰国記念コンサートに間に合えばと思います。
どうぞお楽しみに!

マチネの終わりに

つ、ついにクラシックギターをテーマにした平野啓一郎さんの小説「マチネの終わりに」が映画化されました!

しかも主演はあの福山雅治!それから石田ゆり子!

この際みんなでクラシックギターをひきましょう〜。

下のリンクから映画の詳細情報が見られます。

https://eiga.com/news/20180717/3/

天候

本当に暑い日が続きますね。今年もまたうっかり飴をポケットの中で溶かしてしまいました。すばらしい学習能力。
今回は演奏会とは関係のない帰国なのですごくゆったり体調管理させていただいていますが、それにしても暑い。

西日本の豪雨と水害のニュースを見るたびに愛媛の親族のことも心配になります。
一刻も早く被災地の復興が進みますように…。

一時帰国

事情があり昨日から一時帰国しています。
今から二週間日本にいますが、今日の暑さでこの先耐えられるか心配になりました…。でもこの蒸し暑さと匂いが、日本の夏だなぁって感じで好きです。
今回ブリュッセル経由で帰ってきたのですが、成田に着いてなんとトランクが流れてこないではありませぬか!
どうやらこのロストバッゲージ、ブリュッセルで荷物の積み込みが間に合わなかったことで発生したみたいです。トランクとギターケース。幸いギターケースは中身が洋服でした。
まさか自分が人生でロストバッゲージに遭うとは思っていなかったので初の体験でなんだか面白かったです。そういえばいつの日か観たヴァイオリニスト五嶋みどりさんのドキュメンタリー番組で「楽譜はいつも手荷物です。」って語った後日の取材で本当にロストバッゲージして「こういう事が起こるので。(笑)」って颯爽と空港を去っていく姿がかっこよかったです。
大事なものは手荷物で!

動画 訂正

Sur Guitars はやや問題が発生したらしく、運営を見合わせているみたいです。なので動画が再生できなくなっておりますが、Sur Guitars の名前を差し引いた動画を近日アップしてくれるそうなので、そしたら皆様にも公開したいと思います。

しばしお待ちを!

 

ギター動画

友人が南米のギターとその製作家を紹介していく Sur Guitarsなる組織を立ち上げ、そのプロモーションの一つとして演奏をして欲しいとのことで、ウルグアイの製作家アリエル・アメイエンダのギターを弾かせて頂きました。透き通りきらびやかな声を持ったギターです。

ウルグアイの作曲家の曲は弾いたことがなかったのでパラグアイの作曲家アグスティンバリオスの「フリアフロリダ」。

南米パラグアイに生まれ演奏活動と詩作に生涯を捧げたバリオス。「花の如く美しきフロリダ」という名のこの曲は、彼が旅先で出会い一目惚れした女性ロドリゲス・フロリダに捧げられたものです。

Sur Guitars
https://www.facebook.com/surguitars/

映像: ビーフィルム
www.thebeefilms.com

本選より

 

関西の地震。まだ油断できない状況ではありますが地震で被害にあわれた方の一刻も早い回復をお祈りします。東日本の時は震度5、6が続いた数日後に大きなのが来たので万が一の場合に備えておくことは大切かもしれません。

話は変わりますがさっき通りを歩いてたらお腹全体にサッカーボールの絵を描いたおじさんがビール飲んでました。ビバ、サッカー。ヨーロッパはワールドカップ一色です。
アルハンブラ国際の本選で変り種として組み込んだ1曲が取り上げられました。
休符なしでひたすらパルスを刻む曲です。もっといろんなことできたと思います。それは次に活かします。
次は2日後のセネガル戦!日本に勇気をください。