愛器を語りました現代ギター12月号

霜月も去りつつあります。

先日は大網メーヤー館にてたくさんの方にお越しいただき無事にコンサートをさせていただきました。毎度まいど、大変な情勢の中で主催してくださる方、そしてお越しくださる方に心より感謝申し上げます。皆さまに支えられて生きる私は皆さまの心に潤いを届けられるようこれからも精進し、音楽をお届けしてまいります。

さて、明日のタレガギターカルテットのコンサートのリハをしておりました。久しぶりの4人でのコンサートがとても楽しみでなりません。茨城県石岡、ギター文化館です。

そうそう、現代ギターの記事で私が12年愛用するギターについて紹介していただいたのでお知らせします。表紙はキュヒさん。よろしければ一冊いかがでしょうか?先月号は真一郎さん表紙だったんですよ。弦さんも以前とてもカッコいい表紙になっていました!

 

ヘッドに挟んでる紙はキュヒ先輩のデビュー10周年記念のステッカー。もらっちゃいました。さぁみんなで争奪戦じゃー。

ウィーン襲撃

話題の事件。友人はみんな無事とのことですが町が心配です。

現場付近ではご飯を食べたり夜散歩したりしていました。そんなことが起こるような場所ではなかったのでとても悲しいです。

こういう厳しい時こそ自分の感情の起伏をコントロールするのが大切になるのだと思います。

なむなむ

 

ウィーンの写真を探してたんですが自転車で走ってる動画しか手元にありませんでした。これが以前ブログに書いた 岡チャリ ですね。

Bossa in 青山 

表参道の素敵な森にて演奏させていただきました。プログラムはブラジル縛り。セカンドステージの江藤有希トリオが素晴らしくてCDを購入。よくよく聴いていたらギタリストはあのショーロクラブの笹子重治さん!驚き急いでツーショットを撮っていただきました…。ののあおやまの皆さん、本当にありがとうございました!