昨晩のゲリラ

昨晩、急に思い立ってYouTubeでバッハを絶え間なく1時間引くと言う暴挙に出ました。

突然のことだったのでご覧になれなかった方もいるかもしれませんが、昨日のは試験的要素もあったのでまた改めてしっかり告知をしてから配信したいと思います。

なんでもやってみなきゃわからないことは沢山ありますね。

 

【動画】新譜CDより カラハン

新譜CDの冒頭に収録した曲。もはやロックです。
当初バリオスで始める予定だったのですが、マイスターミュージックとプロデュースしてくださった福田進一先生のご提案でこの組曲で始まることとなりました。私もそうして良かったと思っています!
結果、Callahan, Barrios, Sor, Kleynjans, Villa=Lobos そしてPat Metheny という順で、綺麗にバランスと流れが整いました。
「いろんな角度からたった一本のギターを楽しんでもらいたい。時代や所を超えて如何に作者たちが弦6本だけで思いを曲にしてきたか」ということをテーマとしています。「結局クラシックもいいよね」って思っていただける一面があるとも思います。
この曲の作者自身がロック出身であるため曲調はパルス満載でファンキー。以前浜辺で撮った動画で The Riverbed というバラード曲とセットの曲になります。セットのうち残るもう一曲もまたロックですのでもしよろしければCDで聴いてみてください。

楽器はドイツのHideo Satoさんの2019年の楽器を弾かせていただきました。

YouTube配信おわりました

小暮浩史さんのチャンネルでの配信が終了しました
ご覧くださった皆さま、小暮さん、ありがとうございました!

配信の緊張感ってまたステージでの本番とは違った感じなのですが、小暮さんの流石のトークにも助けていただきとても楽しかったです

この配信、何がすごいって機材にこだわっているので音も映像も良いんです
使用楽器のラベルまでバッチリ見えます👀

アーカイブとして残っているのでよろしければご覧ください(動画説明欄のCD購入リンクは3日で切れるようになっていますが動画はずっと観られます)

内容は

02:15 スタート
05:45 佐藤弘和すすきの穂が揺れる
22:32 ピアソラチキリンデバチン
37:17 クレンジャンスバルカローレ第1
1:11:39 佐藤弘和舞い降りる粉雪
1:26:00 アンコール

たくさんの方にCDを買っていただき感謝いたします!

 

 

レコード芸術 特選盤

おかげさまで新しいCD「One」がレコード芸術で特選盤の評価を頂戴しました。プロデュースしてくださった福田進一先生、制作のマイスターミュージックに感謝申し上げます。そして早速ご購入くださった皆様、いつも応援してくださる皆様、本当にありがとうございました。

レコード芸術6月号には選考兼評論の那須田務さま、そして濱田三彦さまの推薦文とともに新譜について掲載していただいてます。
そして音楽の友6月号では、先日4月21日、東京文化会館で行ったリサイタルの講評、レポートを渡辺和彦さまからいただきました。

どちらも大変ありがたい限りで、もっと上手くなりたい、上手くならなくてはと やる気が湧いてきています。も〜やるしかないですね!🐃

ちなみに今回、ギタリスト池田慎司さんのバリオス集のアルバムも特選盤に輝いていました。池田さんはブラーボさんとも多く共演されていて、それぞれのソロももちろんですが、ブラーボさんと池田さんのデュオが本当に素晴らしいのです。機会があったらまたお聴きしたいです。

ソニーセレクト掲載

Sony Select(Sony China)のクラシック・トップぺージのトップに、新譜「1」が掲載されました。
こちらはハイレゾ専門でDLとストリーミングの双方で高音質配信を行っており、ストリーミングは192KHzまである、とても進んでいるサイトです。(iTunesのApple Digital Masterは96KHz)
世界で最も優れた音楽配信プラットフォームとして、昨年、表彰されたりしています。