AFLSの配信

昨日の配信をご覧いただいた皆様、本当にありがとうございました。

配信の技術もどんどん進歩し、昨日使用したAFLSというものに至ってはこれまでの音質を大幅に上回るクオリティだったそうです。

今後、生の演奏会が復活していっても世界に向けて、または会場に来られない方に向けて、高品質のストリーミングができるハイブリッドな世の中になることでしょう。技術の進歩!楽しみです。

京王線でなにやら事件が起きたようです。昨日利用していただけに恐ろしい。皆様も電車や夜道などにはどうぞお気をつけて。

10.30 デュオ配信

10月30日14:30より、AFLSという超高音質配信サービスを使って徳永真一郎さんとのデュオライブ配信があります。みなさま、土曜日の午後にいかがでしょうか☕️🎵🍁

なお、アーカイブや見逃し配信はありませんので、リアルタイムでのご視聴のみご覧いただけます。

詳細はこちらからどうぞ
https://afls.zeyo2010.co.jp/performances/150

現代ギター10月号

現代ギター10月号で、福田進一ディスカバリーシリーズについての対談として、福田進一さん、マイスターミュージック平井義也さん、そして小暮浩史さんと対談した内容が掲載されています。

これまで小暮浩史、猪井謙、徳永真一郎の各氏、それと私がマイスターミュージックからCDを録らせて頂いたその変遷、録音時の様子、マインド、そしてこれからについて、まとめ上げられました。

お知らせが遅くなってしまいましたが、アーカイブでも過去の号をお求めいただけます。

表紙は鈴木大介さん!

山形 白鷹町にて

山形県白鷹町のホール「あゆーむ」とても弾きやすいホールで、とても楽しく弾かせていただきました。
主催であるセンプレの皆様、お越しくださったお客さま、本当にありがとうございました。まだ油断できない中での開催でしたが、演奏させていただくことのありがたみを今一度感じます。

山形県の食材は本当に美味しく、水も空気も自然も美しく、身体が喜んでいるような気がしました!そしてなんとお土産に沢山の果物やお野菜も。生きながらえます。

こちらは会場ロビーに鎮座していた巨大なJBLとその裏に隠れていた真空管アンプ。かっこいい!

モデラート

12歳の冬、初めてステージで弾いた曲はモデラートという曲でした。作曲家は…今すぐには思い出せそうにありません。

ふと練習の合間に思い出しながら弾いてみると、不思議なことに忘れていたギターへのさまざまな強い気持ちがいまいちど湧いてきました。

熱が冷めていたわけではありません。ただ、大学を終えて帰国して生活の糧として音楽と接しているうちに、いつの間にか大切な気持ちを忘れていたようです。

これです。この気持ちです。ギターの細部をまじまじと眺めるのが楽しい。音を出しながら爪を調整するのが楽しい。そして妥協したくない。

コロナで情報の波にのまれて、どうすればうまく電波に乗るのか、うまく注目されるのか、そんなことばかり考えるようになっていたのかもしれません。

いいや、あれこれ考えずにギター弾こう。

今日はサドルとナットを再びカーボンにしました。三菱鉛筆が試作したものです。現段階では商品化されていませんが、久しぶりにセットしてみたところ前よりも良い感じです。

脱コロナなるか

連日コロナの新規感染者数が減っています。油断だけはしたくありませんが、もしこれが脱コロナの兆候であるならば、また世界が元通りになって動き出す前に書いておきたいことがあります。

誰もが大変で、さまざまなイベントが企画しづらい中で私を、私たちを支えてくれた全ての人に感謝します。

もちろんまだ終わっていませんし、もしかするとまた増えるかもしれませんが、いまいちどアクセル全開で音を磨く前にひとつ、心で区切りが必要です。

これからも元気に、ギターを弾いていきます!
ありがとうございました。そして今後ともよろしくお願いいたします。

コンサートのご案内

合唱団イクトゥスの皆様との2年越しのコンサートをとても楽しく、熱く終え、次の活動に向けまた歩んでおります。本当にありがとうございました!

さて、コンサートのご案内です。

『国分寺 夜のひとときコンサートVol.12   岡本拓也 クラシックギターコンサート』

国分寺市立いずみホール・Aホール
http://www.izumihall.com

お申込はこちらからどうぞ
※受付混雑緩和のため、webでの事前購入をお願い致します。早期ご購入における割引がございます。

備考 約1時間のコンサートです。未就学児の入場はできません。
主催 楠音楽教室 https://kusu.jp