GFAの結果

発表から一夜明けて、あのアナウンスメントが悪い夢であってほしいと思いましたが残念ながら現実でした。
GFAへの挑戦は一次予選落ちです。まずは今回応援してくださったたくさんの方に感謝申し上げます。ありがとうございました!本当に残念ながら期待に応えられず、臥薪嘗胆の思いです。この苦い苦い肝は舐め続けいつか必ずやもう一度挑戦したいと思っています。悔しさ故にここで腐ったら負けです。ただ悔しい。
言いたいことは山ほどありますが、割と序盤の綻び1つが審査員への印象に大きく影響したのだとしたら、今年の一次予選はミス1つ許されない予選だったと言えます。
結論、まだまだやるべきことはたくさんあります。未熟でした。
予選の全ての演奏動画はGFAのフェイスブックページに掲載されてますのでどうぞご覧ください。
さて、約束通りマイアミから泳いで日本に帰りますか。サメや海賊の少ないルートをご存知でしたら是非教えてください。

コンクールまで

湿気が多く、楽器のコンディションも日々変化しております。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

ブログをしばらくお休みしておりました。6月後半のアメリカでのコンクールに向けて日々調整を重ねております。

Guitar Foundation of America (GFA)は毎年アメリカの中の違うところで行われています。今年はなんとマイアミ。一次、二次予選ののち本選があります。毎年一次と本選の課題曲はコンクール1ヶ月前に発表され、しかもその曲はその年のGFAのために書かれた新曲です。いつも有名な作曲家に書かれるこの課題曲。今年はなんと世界的なジャズギタリストPat Metheny による作曲です。とてもカッコいい!けど難しいです。

というわけでここ数日はその曲を一日中弾いていたりします。ブログはコンクールまで控えめにさせていただきたく思いますので、どうぞご了承ください。

正念場です。

あ、それと1つお知らせです。

アメリカきら帰ってきてすぐ、6月28日に浦安市文化会館のロビーにてカフェコンサートをさせていただきます。パットメセニーの曲もおそらく日本初演しますのでよろしければお越しくださいませ。