さてと

日本は梅雨入りしたそうですね。夏の前のしっとりとしたあの匂いと、紫陽花の花が懐かしいです。コンクールも終え、ようやく論文に集中出来る環境が整いました。いままで少しづつ進めてきたものを一気に終わらせたいと思います。

そういえばコンクールのホームページにファイナリストの演奏写真が個別にアップロードされたようなのでお知らせします。お客さんに向かって何かを訴えてる写真がありますが、悪演奏ゆえに起こったブーイングを抑えて…というのは嘘で、バッハの楽章間で拍手が来てしまったので制しているところです。
アルハンブラ国際ギターコンクールのホームページへ

ウィーン国立音楽大学の図書館

5月はコンクールなどで忙しいので今月中には卒業論文を書き終えようとがんばっております…。今日の大学の図書館はほとんど貸切状態だったのでとても捗りました。

この写真は一部自習室になっている部屋ですが、このさらに上の階、そして併設する建物にも楽譜や音楽に関する文献がびっしりと並んでいます。以前はロートリンガー通りのコンツェルトハウスの真横の分校にあった図書館ですが、去年、僕がよく通うアントンフォンヴェーバーンの分校内に移転、新築されました。とてもおちつく空間なのです。