久々のコンサートでした

本日は本当にありがとうございました!

開催するにあたり今回特に神経をすり減らし考えうるすべての感染予防対策を施してくださった千葉市美浜文化ホールの皆様、足を運ぶにも葛藤があったと思われるご来場くださった皆様、心より、ありがとうございました。

ステージに上がるとき、半年ぶりの拍手をいただくとき、一音目を出すとき、空間の響きを感じるとき、すべてをこの身体で感じたとき涙が出そうになりました。

生の音楽は良い!最高だ!

チラシの予定曲目から変更がありました。実はバッハの1006などは19世紀ギターで弾こうとしていたため音響装置の導入を予定していました。
しかしながら半年ぶりの演奏、聴いてくださる方も久しぶりの演奏会であろうと思い、2時間をみっちり生の音でやりたいと思っているうちに、そしてこんな状況だから心に響くプログラムを組みたいと思っているうちに曲目が大きく変わってきました。

本日弾けなかった曲はぜひまたの機会にお楽しみいただけたらと思います!

感染予防としてひと席ずつあけるために歴史的大作曲家たちも来場していました。

 

リハーサルの一部。Kevin Callahan 3つの川辺の情景より。

8月19日 千葉市美浜文化ホール

感染症は次第に収束に向かっていますが、音楽家をふくむさまざまな職業にとっては先が見えない生活が続いています。私もときに落ち込むことはありますが、またみなさまと音楽を楽しむ日を夢見て折れずに頑張ります。

そんな中、8月19日、千葉市美浜文化ホールにて行われるソロリサイタルは今のところ開催する方向になりました。集客は本来の半分までにするなど、主宰してくださるホールの対策は考えうる限り万全なものです。
もちろん変化する状況をみつつ柔軟に判断して行きますが、このように光が見えていることで勇気が湧いてきています。

昨日6月3日にチケット販売が開始され、はやくも多くの方にチケットをお求めいただいております。私にとっても、みなさまにとってもなにか特別なコンサートになる気がします。

どうぞお楽しみに。

 

Mahler – Adagietto

グスタフ マーラーの交響曲第5番の第4楽章、アダージェット。Sehr langsam と冒頭に表記されているように10分もの時間をとても雄大なスローテンポで弾かれる曲です。クリムトの絵画のごとく黄金の黄昏の中でまどろんでいるかのような曲の響きと時間の流れ。サラッと調べたところギターで伴奏するのはおそらく前例がないのではと思います。

12月19日、千葉市美浜文化ホールにてヴァイオリンの加藤玲名さんのソロクリスマスリサイタルで一部アダージェットやアヴェマリアなどの曲で出演させていただきます。加藤さんはさまざまな被災地に売り上げを寄付する活動を積極的に行なっており、今回も売り上げの一部は日本の被災地のために寄付されるようです。

金曜日の夕べ、ヴァイオリンとギターの奏をお楽しみください!

美浜文化ホールにて

気づいたらあっという間に3日経ってしまいました。20日の千葉市美浜文化ホールでのコンサートが無事に終わりました。

マンスリークラシックという企画の中の一つとしてお誘いいただいたのですが、ソロありデュオありカルテットもクインテットあり。とても盛り沢山な内容でした。
おこしくださったみなさま、カルテットのみなさま、ピアニスト、そして主催美浜文化ホールに改めて感謝です!ありがとうございました。

アランフェス協奏曲はもしかしたら動画をアップロードするかもしれませんのでどうぞご期待ください。

やるべきことが多いのはとてもありがたいこと。しかしながら一つ一つの仕事をこれまで通り、それ以上の質で仕上げていけるよう努めてまいります。誰よりも長い時間ギターに接していたい、そう思う今日この頃です。

南部由貴さん、岡本、大塚百合菜さん、吉野駿さん、古屋聡見さん、小林幸太郎さん。

アランフェス

今日のブリオベッカ浦安は残念ながら1-2で日立ビルシステムに敗れました。しかし試合を通してボールのポゼッションはほとんど浦安が占め、チャンスの場面もたくさんありました。とても良い試合で観ていて目が離せませんでしたね。また応援に行きたいです。

話は変わって音楽に。今年11月20日(水)15:00開演、美浜文化ホールにて弦楽四重奏とギターソロでアランフェス協奏曲を演奏できることになりました。弦楽四重奏との共演は大学で度々ありましたが日本でのコンサートでは初めてです。今からこの素晴らしい機会が楽しみで仕方ありません。150席のホールのため、ご希望の方はどうぞお早めにご予約ください。ご都合よろしければどうぞよろしくおこしくださいませ!

またチラシが出来ましたらアップロードさせていただきますね。