【動画】アサドのパッサカリア

アサドの《サンディの肖像》第二楽章のパッサカリアです。
パッサカリアとは曲のスタイルのことなんですが、最初に弾かれる8小節のメロディーが曲の間中ずっと繰り返されます。そこに様々な要素、変奏などが加わっていき変化していくというもの。

動画では以前、第三楽章のトッカータを載せていましたがその前に来る作品です。サンフォード ボルトン氏を悼んだこの作品のなかでひときわ美しい時間を与えてくれます。

どうぞお楽しみください。

おかげさまで、現在登録者数812人、12ヶ月の総再生時間は2,580時間となりました。

レコード芸術5月号

うれしいことにCDがレコード芸術特選盤に選定されました。励みになります。精進します。

濱田滋郎さん、濱田三彦さんの推薦文、そして石田善之さんの録音評をいただいていますのでもしよろしければご覧くださいませ!

現代ギター3月号

現代ギターの3月号にCDのレビューを載せていただきました。私のありのままが、そして私のCDのありのままの姿を白澤茂稔さんがとても嬉しい言葉で綴ってくださっています。ありがたい。

そういえば留学前は新浦安駅構内の有隣堂に現代ギターが置かれていたのですが、帰ってきたら店頭から姿を消していました…。とりあえずリクエストはしておきましたが、実現すると良いなぁ。

下の秋田勇魚くんもさすがですね。

4月号にも若手ギタリスト特集で取り上げているので機会があったらごらんください。

 

全国CD発売開始

1月23日。いよいよアマゾンやタワーレコードオンラインなどなどでの日本全国流通が始まりました。 日本のどこであっても、とにかくCDやDVDを扱っているお店であればお取り寄せが可能です。(たとえ店頭になくとも)

現時点でCDは私のもとにあり、注文を受けたら物流倉庫に送り、お客様のところへ届くという流れになります。発売が今日だったのでおそらく流通サービス会社が枚数を集計して近日中には私の元に「合計何枚送ってくれ」という知らせが来るのではないでしょうか…? ご注文くださった皆様、しばしお待ちください。

 

月と東京湾

CD取り扱ってくださっているお店

ありがたいことに以下のギターショップ店頭でもCDを取り扱っていただけることとなりました。在庫があるかご確認の上お出かけください。

・現代ギター社
東京都豊島区千早 1-16-14                            03-3530-5342

・プラサギターラ
東京都豊島区要町 1-1-11                               03-3554-5611

・ギタルラ社
東京都新宿区下落合 3-17-49                         03-3952-5515

・メディアカーム
東京都千代田区外神田 2-18-13                      03-3255-5281

・クロサワ楽器日本総本店(新大久保)
東京都新宿区百人町 1-10-8                            03-3363-9630

・クロサワ楽器ドクターサウンド(御茶ノ水)
東京都千代田区神田小川町 3-22                    03-3233-2017

・ギターショップカリス
東京都渋谷区恵比寿 4-4-2                               03-6459-3070

・ファナ
東京都豊島区南池袋 3-8-8                               03-3590-2381

・ギターショップアウラ
東京都台東区下谷 3-3-5 アズール上野2階     03-3876-7207

・フォレストヒル (福岡県)
福岡県福岡市中央区今泉 2-4-58                     092-715-3822

お立ち寄りの際にCDをみかけたらぜひお手にとってご覧ください。
なお、インターネットでのご購入はTower Records Online、Amazon、ビックカメラ通販、Neowing、HMV、楽天市場etc…を通して可能となっています。
どうぞ良いお年をお迎えください!

CDのお買い求めについて

CDの注文がインターネットのいろんなところで可能になりました。
今現在把握している限りだとTower Records Online、Amazon、ビックカメラ通販サイト、Neowing、HMV、楽天市場などです。なおインターネットで単純に「岡本拓也 CD」と調べるだけでも簡単に出て来ますので、ぜひご覧ください。
しかし通販での発売が開始するのは2019年1月23日です。ご了承ください。

また、都内のギターショップでも販売していただけるかどうかを明日から交渉開始いたします。

写真だけだとわかりづらいですが、実は紙パッケージをあえて選び、質感と3つ折り構造、あとサインがどこにでもかけるようになどいろいろこだわりました。見て聴いて触って楽しんでいただけるアルバムとなっていると思います。制作段階では車の中で聴くことなどもイメージしたので全体的に軽やかなものが多いかもしれません。

みなさまに聴いていただけたらと思います。ぜひよろしくお願いします!

完成

うれしい…とうとう形になりました。
もちろんたくさんの人に助けられました。感謝感激!

とにかく、たくさんのかたに聴いていただきたいです。
それでシビアな意見も遠慮なくいただけたらと思います。
お近くの、もしくはごひいきのギターショップで取り扱って欲しいという意見をいただけましたら直接そのお店に置いていただけないか、お伺いを立ててみたいと思います。どうぞお気軽にご連絡ください。

も し く は…!
3月2日のコンサート会場でもお買い求めいただけます。

今日は今年最後の演奏が終わったのですこしゆっくり。

東京文化会館 無事に終了しました。

たくさんの方にお越しいただき、おかげさまでコンサートを終えることができました。寒い中のご来場、誠にありがとうございました!
この舞台に立つのは実に高校2年生で参加したGLC学生ギターコンクール、つまり9年ぶりでした。クラシックコンサートホールとして歴史のある素晴らしい会場で演奏できたことをとても嬉しく思います。
主催の東京音協様、企画制作してくださったコンサートイマジンのみなさま、ありがとうございました。

カルテットの他に、2015年の名古屋でのコンサートでは真一郎さんとのデュオ、そして今回はキュヒさんとのデュオをさせていただきました。今回のメルツの「愛する人の墓の前で」。パートとしては私がファーストでしたがそのフレーズをごく自然に、そして深い音楽で誘導してださりました。こんな素晴らしい低音があるのか、と弾きながら感動していました。ありがたや、有り難や…。次は弦さんとのデュオが?!

コンサートパンフレットとともに3月2日のチラシを挟み込ませていただきましたが、デザインのプロのチラシと比べるとやはり手作り感がじんわりと出ていて自分でニヤニヤ、そしてヒヤヒヤしてしまいました。一つ一つが勉強です。次はもっと良いチラシを作りたいです。

全ての出会いに感謝。またここで演奏できる日が来ますように!